スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/7 赤い糸 第8話

2/7 赤い糸第8話

タカちゃ~~~~~~ん!!!!!!




タカ(木村了)からの暴力に悩む芽衣(南沢奈央)
なんであんなに優しい人があんな暴力をふるうんだろう。
心の不安ってこんなにも人を変えてしまうんだ。

負の連鎖。

ミツに振られ傷心の美亜。
芽衣は傍にいてあげたかったのに、タカからの束縛で傍にいてあげれなかった。
そんな美亜の心の隙間にはいってきたのが・・・・・・

ドラッグ

ついに美亜(岡本玲)まで手を出してしまった。
 
芽衣は学校に来ず連絡を取れない美亜を探しているときに
敦史(溝端淳平)と再会する。

そしてその現場に居合わせたタカ。

ここでタカの芽衣に対する暴力を見てしまい
芽衣を守るためにタカを殴るのだが
逆に芽衣はそんな敦史を非難する。

『あっくにんには関係ない』
『一人になったとき傍にいてくれたのはタカちゃんだった』
『私を助けてくれたのはあっくんじゃないタカちゃんだった』

 まだ芽衣を好きなのに、これはつらいなー。
 もう母親さえちゃんとしれればこんなことにはならなかったのにー。。。

この言葉が響いたのは敦史だけじゃなかったの。
タカにも響いた。

無理して自分を好きになろうとしてる芽衣を感じつつも
敦史の代わりになろうしたタカ・・・・でも無理だったんだよね。
タカは敦史と芽衣の間の目に見えない繋がりにずっと怯えていたんだ
だから暴力って形をとってしまった。

 
 でも本当のタカちゃんは優しい人だから
 自分は身を引いて敦史と芽衣をくっつけようとするんだ。
 それなのに・・・・・
 交通事故で死んじゃうなんて。殺さなくてもよくないかい。
 さすがにちょっと死が多すぎるんじゃないだろうか・・・このドラマは。
 
 

  
 そうそうどさくさに紛れてまみ告ってたね。

 え?え?来週はまた死ですか?
 うーーーーーーん
 なんかね。どうも前向きな死じゃないんだよな。

 死に前向きとか後ろ向きがあるわけじゃないけど
 自分の環境から逃げて死を選んだり、人の気をひくために死をつかうのは
 いい気分になれないな。

 RESCUEもいっぱい死んでるけどなんかさ。希望があるじゃん。
 一生懸命いきて命尽きるのとやっぱ違うよね。

 ちょっと心がずどーんとしてしまいました。



ランキング参加中↓

スポンサーサイト

テーマ : 赤い糸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

1/31 赤い糸 第7話

1/31 赤い糸第7話

やっと中学卒業です。




今回は美亜(岡本玲)と芽衣の出会いが描かれてた。
実は美亜も複雑な家庭環境に育っていたんだ。
父親が再婚し直後に父の転勤で新しいお母さんと暮らすことになり
うまく関係が気付けないまま来てしまったのね。
中学校とか一番多感なときに、家により所がないのは可哀そうだな。

家では空気のような存在の自分
頭を派手に染め、悪目立ちしていた美亜を
気遣う芽衣。
そして、自分を美亜と呼んでくれた。

この部分すごいわかるなーって思うの。
だって呼ばれてる名前ってその人の印象そのものになると思うんだ。
逆かなー呼ばれてるとそのイメージになってくるのかもだけど。

あだ名つけられたりとか
苗字呼び捨てだったりとかとか名前に『ちゃん』ってつけられたりとか
やっぱその人の人格とかキャラクタが周りの人に認識されてるから
そう呼ばれるんだろうなって思う。
だから無意識で名前を呼ばれると自分の存在を感じるのってわかる気がした。


すっごい余談でしたが
メイたちは受験を乗り越えるんですね。
美亜と芽衣とタカ(木村了)は同じ高校を目指したけど
タカだけ不合格になり夜間の高校に通うことになるの。

タカは『同じ高校に受かったら付き合ってくれ』って芽衣に告白してたから
ショックを受けてたけど芽衣はタカと付き合うこと決めた。

タカはうれしくて有頂天です。
その嬉しさがいやーな方向に走り出すのよね。
でも原因はまだ敦史(溝端淳平)のこと引きづってる
芽衣にもあるのかなー

タカは自分が高校が違うから同じ高校に通う昔の友達に
芽衣を見張らせ、新しい友達との交流を邪魔したり
自分との時間を優先しない芽衣をせめたり
最後は芽衣を叩いてしまう。

好きな人に思いが通じたけど、好きな人が自分から離れていくのが怖くて
束縛しちゃう。
それに高校になって敦史が戻っているって噂が!
タカぴー--んち!!!!

今回出番の少なかった敦史ですがw
来週はどうなるのでしょうか。

ランキング参加中↓

テーマ : 赤い糸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

1/24 赤い糸第6話

1/24 第6話

不幸の連鎖反応。。。




うーん。。そういう道しかなかったのかな。。
もう少し違う道もあったんじゃないかな。
敦史(溝端淳平)の物わかりのよさが裏目にでちゃった感じだね。

沙良(桜庭ななみ)が退院をして、大阪に転入することになったことを
担任に聞き、沙良のもとに向かう芽衣(南沢奈央)たち。

しかし沙良は事件が原因で記憶を失っていた。

沙良が明日の自分へメールを送るような
一つ一つのでき事を大切にする子だと知っていた芽衣は
沙良が記憶をなくしたことにショックを受ける。

そしてそのまま学校でいじめにあい、
クラスメイトに『死んでつぐなえ』と言われるんだ。

沙良が記憶をなくしたことにショックを受けたこと
沙良には自分のことも自分がしたこともすべて覚えていてほしかったこと
自分が死んだら自分の中の沙良も消えてしまう
自分は生きてずっと沙良のことを覚えているんだと

クラスメイトに伝えるの。

自分の罪から逃げるためにドラッグに手をだした敦史の母
に相反して逃げずに立ち向かう芽衣ってのが際立ってるね。
沙良のことはこれで終わりなのかな?
芽衣のことでの誤解も解いてほしかったんだけどな。。

芽衣の出生の秘密も明らかになったね。

敦史の母と芽衣の本当の母親は友人で同じマンションの隣同士だった
芽衣の父親がドラッグ所持でつかまり
そのころ既に敦史の母はドラッグの売買に関わっていた。
この事実に耐え切れなくなった母親は自殺をしてしまったのだった。

それを芽衣の育ての親からきいた敦史は
芽衣と別れることを選ぶのね。

でもさ、あんなひどい振り方にしないでよーー
わかるけど。芽衣が自分をすっきり諦めるためには
はっきり断るのがいいと思うけど。
ああ。。芽衣の立場からすると。。。。こんなつらいときに
あっくんまでいなくなったら

ああ。。。つらかった。


来週からは、高校生になるのかな??
タカ(木村了)に芽衣がほうを叩かれた!!!!!

おっとーどういうことよ??



ランキング参加中↓

テーマ : 赤い糸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

1/17 赤い糸 第5話

1/17 第5話
沙良(桜庭ななみ)はどうなったのーー??
気になる気になる。あろーあろーです。




なんとか命は取り留めた沙良
でも。責任を感じて芽衣(南沢奈央)は学校に行けなくなっちゃった。
そりゃそうだよね。芽衣の正確なら自分を責めちゃうよね。

そして敦史(溝端淳平)も学校に来てないんだけど
やっぱり原因は母、夏実(山本未來)

今回は芽衣の母、幸子(渡辺典子)と夏実とのつながりがー!
ななんと、夏実は友人の死に関係していて、その友人が幸子の
友人だったの。
友人の死という苦しみから逃げるために薬に手をだしてしまった夏実。
それを全部知っていて
芽衣と別れるように敦史に言う幸子。
でも別れるように言ってるのは母親が薬に犯されているだけじゃないみたい。
芽衣の出生が関わってるみたいだな。

芽衣の父の言葉から芽衣が竹宮家の子じゃないことは明らかになったけど
敦史との関係はなんなんだろう。。気になるー。。

そして気になる恋の行方だけど
またまたタイミングを外してしまうんだなこの二人。。
もうまったく。

芽衣に母親のことを話して受け止めてもらえるのか
不安を抱えて結局話せなかった敦史。
母の完全治癒のために病院を出て地方のリハビリセンターに
行こうかと迷っている。

沙良の事件で心が不安定
こんなときだから敦史に一緒にいてほしいはず。
沙良の事件のことを話そうと思ったら

敦史から夏休みはあんまり会えないし
連絡もとれない発言。

こらー敦史!!!
絶対芽衣なら母親のことわかってくれるっつーの。
母親のこと知らなくて会えないとか言われて
芽衣が言いたいこと言えなくなったじゃーん。。。

ひー。。。。

そっかこの心の隙間を埋めるのがタカ(木村了)なんだね。


おっと次週は。。。。芽衣がいじめられちゃう。。。
きゃーーーーー

赤い糸ってば展開が激しいな。
私の涙腺がもちません。。(笑)


ランキング参加中↓

テーマ : 赤い糸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

1/10 赤い糸 第4話

どうもあろーあろーです。





1/10 第4話

女の子ならここはもうキュンとするしかないでしょう。
敦史(溝端淳平)のもしよかったら作戦(笑)

「もしよかったら、2人で一緒に回らない?」

ドラマの中でも女子たちが言ってたけど
みんなの前ではっきり言ってくれること
普段とのギャップあれはたまらないねーーーーーー。

(好きな男の子からじゃないと。。ドン引きだけどね)

タカ(木村了)の気持ちを考えると切なくなっちゃったけど。

敦史と芽衣(南沢奈央)の恋は順調にすすみはじめた?
と思ったのもつかの間
やはり恋路を邪魔するものがいるんだな。

敦史の母、西野夏実(山本未來)
母の怪我を知り、修学旅行の途中で帰宅する敦史。
明日は芽衣とビードロ作りだろーーーが!!!

でもでもキュンキュンポイントその2
真夜中に二人で抜け出すー!!!
もうこのドキドキ感が恋愛のドキドキも増すってもんよね。

そしてそして、敦史の誕生日の日にぶつかった
同じ誕生日の女の子、芽衣だったことを打ち明け
運命を感じあう二人。

チュウ しちゃったよ(ムフ)


次の日に事件が起きちゃうんだ。
一人でビードロを作りに行く芽衣に付いていってしまうタカ

そこをみんなに目撃されてたんだけど
一番ショックを受けたのは、タカを好きな沙良(桜庭ななみ)

前の日に芽衣にタカが好きだと打ち明けたから
芽衣としては、沙良の恋が実らない原因が自分だということ
この微妙な関係の中でつい一人でいたと嘘をついちゃった。

ここのしーんは胸が痛い。

相手が悪かった。。。

沙良は今まで友達に恵まれてなかったから
初めてできた親友(芽衣)に裏切られたのが
何よりもつらかったのよね。
その思いだけで 屋上から飛び降りちゃうの。

沙良死んじゃうのーーーーーー?????

もうすんごいドロドロしてきた。
やばいなー。

・・・次回へ続く


ランキング参加中↓


テーマ : 赤い糸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。